トップ > 活動記録 > 提出文書 > 宮越順二教授あて質問状(第3回)
 宮越順二教授あて質問状(第3回)


 新東京タワー(すみだタワー)を考える会は2007年8月31日、宮越順二・弘前大学医学部教授に対して、各団体との共同により質問状(第3回)を送付しました。


2007年8月31日

弘前大学医学部
教授 宮越 順二 様

宮越先生のご研究に係る質問(第3回)

拝啓 時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。
お忙しいところ、私たちの重ねての質問にお返事を賜り、誠にありがとうございます。

先生から2回目のご回答(6月27日付)をいただき、それを拝読したうえで、あらためて1回目のご回答(4月3日付)を拝読したところ、分からないことが出て参りました。

そのことを中心に、下記の通り、再度質問させていだきたく、たびたびでたいへん恐縮ですが、お願い申し上げます。
9月30日までに文書でご回答いただきますよう、よろしくお願いいたします。

敬具

1.宮越先生は、私どもの質問状に対する1回目のご回答で、REFLEX研究と宮越先生によるご研究の実験条件について「その他の条件(周波数、変調方式、間欠曝露)は、高額な曝露装置をヨーロッパから購入しなければできないので、異なります」とお書きでした。これに対して、2回目のご回答では「異なる条件は、周波数」とだけ、お書きです。
1−1.先生が1回目でお書きになり、2回目でお書きでない「変調方式」については、REFLEX研究と先生のご研究では、同じなのでしょうか、それとも異なるのでしょうか。
1−2.同じ場合は、その「変調方式」の名称・呼称、その他具体的内容を、また、異なる場合は、それぞれの「変調方式」について同様に、ご教示ください。
1−3.同様に、先生が1回目でお書きになり、2回目でお書きでない「間欠曝露」については、REFLEX研究と先生のご研究では、同じなのでしょうか、それとも異なるのでしょうか。
1−4.異なる場合は、ヨーロッパの装置を購入できなかったことにより再現できなかった「間欠曝露」の条件の具体的内容(たとえば「何分オン、何分オフ」等)、ならびに、ヨーロッパの装置を購入できなかったことにより再現できなかった「間欠曝露」条件を必要とするREFLEX研究(最終レポート内のどれか等)について、お示しください。

2.REFLEX研究と宮越先生によるご研究の実験条件について、細胞の種類は同じとのことですが、宮越先生がご発表された際に示されたスライドには「CHO-K1 Cells」と書かれ、第2回のご回答で宮越先生がお示し下さったREFLEX報告書108頁の図72には「HL-60 Cells」と書かれています。
2−1.REFLEX研究では「HL-60 Cells」が、宮越先生によるご研究では「CHO-K1 Cells」が、それぞれ使用されたという理解でよろしいでしょうか? 違う場合は、正しいところをお教えください。
2−2.両者は同じ細胞なのでしょうか。
2−3.両者が、どういう細胞なのか(動物、器官、その他具体的に)、両者のそれぞれについてご教示ください。

3.先生がREFLEXを再現された実験について論文はまだお書きでないとのご回答をいただきました。
3−1.今後、お書きの予定なのでしょうか。お書きの予定でない場合、その理由をお教えください。または、すでにお書きで掲載・発表待ちの場合、または今後お書きの予定の場合は、ぜひ拝読いたしたく、掲載・発表時期、掲載予定誌名等がおわかりでしたら、お教えください。
3−2.先生によるこの実験の概要または詳細を示した資料等がございましたら、お示しいただければ大変ありがたく存じます。

以上

(提出者・五十音順、代表者名略)
OFFで子どもを守る会(福岡県宗像市)
ガウスネット(電磁波問題全国ネットワーク)(東京都)
久留米電磁波公害を考える会(福岡県)
携帯電話基地局建設反対住民の会(福岡県久留米市)
携帯電話楡木中継鉄塔建設に反対する会(熊本市)
新東京タワー(すみだタワー)を考える会(東京都)
託麻西小に近接するソフトバンク基地局の撤去を求める会(熊本市)
託麻の環境を守る会(熊本市)
中継塔問題を考える九州ネットワーク
電磁波と健康を考える会・みやぎ
電磁波について勉強する会(熊本市大江)
電磁波問題市民研究会(千葉県船橋市)
特定非営利活動法人市民科学研究室(東京都)
特定非営利活動法人日本消費者連盟(東京都)
ドコモ基地局移転要望の会(久留米市)
VOC-電磁波対策研究会(札幌市)
別府の住環境と子供の未来を守る会(大分県別府市)

(代表提出者)
新東京タワー(すみだタワー)を考える会

(連絡先)

   

このページの最初へ