新東京タワー(すみだタワー)を考える会 メールマガジンバックナンバー

No:16 発行日時:2008年2月4日7時18分18秒
タイトル:新東京タワーを考えるメルマガ[Vol.16]
?====================================!
 新東京タワー(すみだタワー)を考える会 
 ★ メールマガジン Vol.16 ★
!====================================?

【内容】
1.「都民の意見を聴く会」で公述しました
2.ウェブサイトを更新しました

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.「都民の意見を聴く会」で公述しました
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 新東京タワー事業(業平橋押上地区開発事業)についての都条例に基づく環境影響評価(環境アセスメント)手続きの一環として、東京都が「都民の意見を聴く会」を2月1日、すみだ女性センターで開きました。
 あらかじめ応募した5名が公述を行い、当会からは共同代表の大久保、網代が、それぞれ公述しました。
 平日の日中という不便な時間帯にもかかわらず、傍聴人の方も大勢参加していました。
 公述は1人15分以内。都の審議会の委員も2名参加していて、公述人に質問する場合もあるとのことでしたが、5名に対して一言の質問もありませんでした(公述人から委員や都への質問はできないとのこと)。
 公述人の中には、環境アセスメント手続きに詳しい方がいらして、その方は終了後「(委員は)たまには質問してはどうか」と話していました。他の事業の「都民の意見を聴く会」でも、委員から質問が出たことはないそうです。しょせん事業を進めるためのセレモニーに過ぎないものだとわかってはいましたが、それにしても…です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2.ウェブサイトを更新しました
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【1】環境アセスメントに公述書を掲載
 上記の公述のうち、網代による公述の原稿を掲載しました。

【2】トピックスに3件掲載
■新タワーの環境影響評価書(環境アセスメント)について審議されます
 東京都の審議会は、新タワー事業の環境アセスについて項目ごとの審議を行っており、4回目の審議が2月6日(水)午前10時から都庁で開かれます。予定されているのは全4回なので、今度が最終回となりますが、審議の状況によっては追加開催される場合もあるとのことです。傍聴もできます。

■就寝前の携帯電話、電磁波が睡眠妨げる
 英紙インディペンデントの電子版は、20日「ベッドで携帯電話を使うと電磁波のため熟眠に時間がかかり熟眠時間も減ることが、実験により確認された」と報じた。スウェーデンのカロリンスカ研究所とウブサラ大学、米ミシガン州立ウェイン大学が最近実施した共同実験で確認したという。同紙によると、共同研究チームは18〜45歳の男女71人を対象にした実験で、一部は携帯を使う場合と同じ電磁波に露出させ、残りの人には電磁波が出ない偽の携帯を使わせた。続いて、睡眠を取らせた。この研究の結果、電磁波に露出された人はそうでない人に比べ、熟眠にさらに多くの時間がかかった。熟睡の領域にとどまる時間も短かった。頭痛や認知能力の低下を見せた人も多かった。(1月21日中央日報報道)

■電磁波の健康影響調査を 米科学アカデミーが報告書
 米科学アカデミーは、高周波電磁波が子どもや妊婦の健康に及ぼす影響を研究する必要があるとする報告書をまとめた。高周波電磁波による健康被害は、従来の研究で明確に確認されてはいない。今回も具体的な被害を指摘したわけではないが、米食品医薬品局(FDA)からの要請に基づき、未解明の健康影響について研究の在り方を示した。報告書は、これまでは大人を対象に短期的な影響を調べた研究が多いとして、成長期からこうした機器の利用を始める現代の子どもへの長期的な影響や、機器の多様化で複数の電磁波を浴びた際の副作用を重点的に検証する必要があるとした。(1月18日共同通信報道)

************************************
新東京タワー(すみだタワー)を考える会
網代太郎
http://sumidatower.org
配信日時:2008年2月4日7時18分18秒
************************************

ホームページ制作・CGI制作ならCGIの匠 http://www.ortecweb.com/
戻る
CGIの匠