新東京タワー(すみだタワー)を考える会 メールマガジンバックナンバー

No:22 発行日時:2008年9月24日9時49分14秒
タイトル:新東京タワーを考えるメルマガ[Vol.22]
?====================================!
 新東京タワー(すみだタワー)を考える会 
 ★ メールマガジン Vol.22 ★
!====================================?

【内容】
1.ウェブサイトを更新しました

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.ウェブサイトを更新しました
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[トピックス]
2件追加

■大林組が、新東京タワーの工事費の値上げを要請

 大手建設会社が鋼材価格の上昇を受け、着工済み建築物の工事費引き上げ交渉に乗り出した。大林組は「新東京タワー」で最大2割程度の値上げを発注者に要請した。
 代表的な建築用鋼材である「H形鋼」の価格は今年初めに1t8万円だったが、現在は1.5倍の12万円台で推移している。鋼材価格の上昇前に契約を結んで着工していた場合、鋼材費は当初見積もりより大幅に上がっている。建設各社は採算悪化を避けるため工事費引き上げに動き始めた。(9/22 NIKKEI NET マネー&マーケット)


■携帯電話の使用で子どもたちの脳腫瘍リスクが5倍に
 欧州議会は各国に電磁波規制強化を求める

 子ども達と10代の若者は携帯電話の使用で、脳腫瘍の発症が5倍になるという驚くべき新たな研究が示された。この研究は今日の若い人たちは、将来、がんの”多発”に直面するかもしれないと、専門家らは述べている。
 その研究は、スウェーデンのオレブロ大学病院のレナート・ハーデル教授指導の下に実施された最大規模の研究のひとつから得られたデータのさらなる分析によってもたらされた。ハーデル教授は、電磁波研究トラストによって王立協会で開催された会議で、20歳以前に携帯電話の使用を開始した人々は中枢神経を支えるグリア細胞のがんである神経膠腫に5倍罹りやすいと述べた。また多くの家庭で見られるコードレス・フォンの使用で障害を受ける若い人々のリスクは4倍高いと述べた。携帯電話を若い時に始めた人々は、良性ではあるが聴覚神経を損ない、通常耳が聞こえなくなる聴覚神経腫瘍に5倍罹りやすくなると彼は付け加えた。これとは対照的に、20歳を過ぎてから携帯電話の使用を開始した人々は、神経膠腫については50%、聴覚神経腫瘍については2倍高いだけであった。
 先週、欧州議会は、ヨーロッパ全土の大臣に対して、子どもたちは特に脆弱であることなどを理由に、携帯電話やコードレス・フォン、 Wi-fi 無線LAN、その他の機器からの電波への暴露をもっと厳しく制限することを強く推進することについて、522対16の表決で採択した。子どもたちの脳と神経系はまだ発達中であり、また子どもたちの頭は小さく頭蓋骨は薄いので、電波は脳により深く浸透するという理由で、子ども達には特にリスクがある。(9/21 インディペンデント)

****************************************
新東京タワー(東京スカイツリー)を考える会
網代太郎
http://sumidatower.org
配信日時:2008年9月24日9時49分14秒
****************************************

ホームページ制作・CGI制作ならCGIの匠 http://www.ortecweb.com/
戻る
CGIの匠